2009/11/20

レビュー

『SUPER SHOT』収録曲レビュー Vol.2

SUPER SHOTブログ用
来週の金曜日11月27日に発売日を迎える美少女ゲームリミックスアルバム『SUPER SHOT』
11月16日からスタートしましたCDレビューですが、第二回目のレビューを掲載したいと思います。
今回は、05トラックAnswer (Emotional MEGA Beat mix)から07トラックrebirthday eve (Aura Qualic Remix)までの3曲をご紹介いたします。
◆『SUPER SHOT』収録曲レビュー Vol.1
http://sideconnection.blog23.fc2.com/blog-entry-51.html
05 Answer (Emotional MEGA Beat mix) / 片霧烈火
「G線上の魔王」オープニングテーマ曲
美少女ゲームアワード2008の大賞に輝き、シナリオ賞、グラフィック賞、ユーザー支持賞の各賞も受賞したヒューマンドラマADV「G線上の魔王」
ヒット作をリリースするあかべぇそふとつぅからリリースされたこの「G線上の魔王」のオープニングテーマ曲『Answer』を、ゲームミュージック界の巨匠細江慎治ことsampling masters MEGAがリミックスしました。
アグレッシブに畳み掛けるドラムに、唸りを上げるギターが絡むハードなロックナンバー『Answer』を、sampling masters MEGAが疾走感たっぷりのダンス・チューンに仕立て上げました。
熱く歌い上げる片霧烈火のボーカルなど、オリジナルのテイストは残しつつ、クールさ、エレガントさを付け加えるという細江慎治ならではのセンスとテクニックが炸裂しています。
オリジナルで使用されているコーラス・パートを使い、全く別のテイストを生み出すという、3:21から始まるブレイクの展開は、驚愕の一言。
リッジレーサー、ビートマニア、テクニクビート、アルカノイドDS等、数々のゲームサウンドを生み出してきた細江慎治の抜群のセンスが光るAnswer (Emotional MEGA Beat mix)、リミックスの醍醐味を感じて頂きたいです。
06 大地の唄 (DJ SHARPNEL Remix) / いとうかなこ
「ボクの手の中の楽園」エンディングテーマ曲
「処女はお姉さまに恋してる」 「終末少女幻想アリスマチック」 などの大ヒットゲームを生み出した美少女ゲームブランドキャラメルBOX
そのキャラメルBOXが今年の3月27日にリリースした最新作「ボクの手の中の楽園」のエンディングテーマ曲『大地の唄』を、海外でカルト的な人気を得ているハードコア・アーティストDJ SHARPNELがリミックスしました。
気鋭の音楽制作チームZIZZ STUDIOが制作したエンディングテーマ曲『大地の唄』は、包み込むように歌いかけるいとうかなこのボーカルに、ギターやバイオリンなどが華を添えた珠玉のアコースティックナンバー。
この美しいアコースティックサウンドの世界観を、DJ SHARPNELがテクノサウンドによって再構築。
オリジナルの持つゆったりとした世界観はそのままに、そこに空間的な広がりのある雄大なサウンドを追加し、芳醇で豊かな音世界を展開しています。
幾重にも重なった広がりのあるシンセによってオリジナルの世界観を見事に表現するそのテクニック、脱帽です。
そして、曲の終わり、残り30秒辺りからいきなり早いハードコアテクノにチェンジするという、ビック・サプライズが仕込まれています。
DJ SHARPNELの懐の深さとセンスが光る大地の唄 (DJ SHARPNEL Remix)、様々な角度、楽しみ方で味わってみてください。
07 rebirthday eve (Aura Qualic Remix) / Marica
「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」エンディングテーマ曲
前曲「大地の唄」を収録したゲーム「ボクの手の中の楽園」を制作したキャラメルBOXが2008年9月26日にリリースした美少女ゲーム「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」
キャッチーでポップなテイストのロックナンバー『rebirthday eve』を、新進気鋭のクリエーターAura Qualicがリミックスしました。
トラック06大地の唄 (DJ SHARPNEL Remix)の最後の箇所と同じリズムの速さで前曲からのバトンを軽やかに受け取ったrebirthday eve (Aura Qualic Remix)、オリジナルの持つポップな世界観が煌びやかで眩い打ち込みサウンドによって見事に表現されています。
おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかなテイストに心もいつの間にか軽やかに。
また、3:23からの箇所では軽やかなブレイク・ビーツが飛び出すなど、音だけではなく展開も目まぐるしく変化し、賑やかな雰囲気をさらに盛り立てます。
様々なテクニックが駆使され、気持ちをさらに煽る趣向が随所に凝らされているrebirthday eve (Aura Qualic Remix)、その凝った技巧とは裏腹なキャッチーなサウンド、そのギャップも楽しんでみて下さい。
第三回目のレビューですが、来週の公開を予定しています。
どうぞ宜しくお願い致します。