2009/11/16

レビュー

『SUPER SHOT』収録曲レビュー Vol.1

SUPER SHOTブログ用
発売まで残り2週間を切りました、美少女ゲームリミックスアルバム『SUPER SHOT』
11月27日の発売に向けて、収録楽曲の聴き所を4回に渡ってお伝えしたいと思います。
第一回目となる今回は、01トラック深青Philosophy (JAKAZiD Remix)から04トラック祝福のカンパネラ (StripE Trance Remix)までの4曲をご紹介いたします。
01 深青Philosophy (JAKAZiD Remix) / Veil ∞ Yui Yamamoto
「夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-」オープニングテーマ曲
「夜明け前より瑠璃色な」「FORTUNE ARTERIAL」といった大ヒットゲームをリリースしてきた美少女ゲームのカリスマブランドAUGUST
そのAUGUSTが今年の2月27日に発売し、大ヒットを記録しました「夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-」
このゲームのオープニングテーマ曲『深青Philosophy』をイギリスの世界的なハードコアのアーティストJAKAZiDが最新スタイルのUK Hardcoreにリミックスしました。
『深青Philosophy』オリジナル・バージョンを作曲したDJ SHIMAMURAと深い親交を持つJAKAZiDが手掛けた今回のリミックス、「満ちてゆく~」というフレーズと共にスタートする出だし、ブレイクで響き渡るピアノなど、非常にエモーショナルなサウンドとなっています。
その一方で、海外直系のグルーブ感たっぷりのベースと緻密なリズムワークなど、ダンストラックとしても非常にポテンシャルの高い曲に仕上がっています。
特に、3:43からのトリッキーな展開など、世界最先端のテクニックが惜しげもなく取り入れられています。
DJ SHIMAMURAをリスペクトしているJAKAZiDだからできるオリジナル・バージョンへの深い憧憬に満ちた今回のリミックス、是非ご自身の耳で感じ取ってみてください。
02 HE∀tingSφul (DJ SHIMAMURA’s H∀RDCφR3 R3mix) / 片霧烈火
「真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~」オープニングテーマ曲
2008年12月26日にBaseSonから発売され大ヒットを記録した美少女ゲーム「真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~」
この10月からはチバテレビ、AT-X、ほかU局系でアニメがスタートするなど、センセーションを巻き起こしているこのゲームのオープニングテーマ曲『HE∀tingSφul』を、敏腕クリエーターのDJ SHIMAMURAがリミックスしました。
ハードなギターからスタートするオープニング、そしてブレイクでのロックテイストのビートなど、オリジナルの持つスピリッツと世界観が絶妙に取り込まれたリミックスワークとなっています。
そして、片霧烈火のハードなボーカル、ワイルドなギターといったダンス・トラックとは真逆に位置するロック・チューンを、最新スタイルのUK Hardcoreのフォルムにしっかりと落とし込んでしまうDJ SHIMAMURAのテクニックとセンスには脱帽です。
特に1:07からのロックフレーヴァー溢れるサウンドは圧巻の一言です。
ロックとクラブサウンドの融合という今までにない新しい世界を切り開いたDJ SHIMAMURA会心のリミックスワーク、どうぞご堪能ください。
03 Tears to Tiara ~the essence~ (bh’s trance mix) / 上原れな
「ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝 -アヴァロンの謎-」オープニングテーマ曲
2005年4月28日に発売されたLeaf制作のアドベンチャーゲーム+シミュレーションRPG「Tears to Tiara」
そして、2009年9月17日にこのゲームを元にアクアプラスより発売されたプレイステーション3用のシミュレーションRPG「ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝 -アヴァロンの謎-」のオープニングテーマ曲『Tears to Tiara ~the essence~』を、Key Sounds Labelが誇るトランス・ブランドOTSUにも参加するBlasterheadがリミックス。
グルーブ感たっぷりのタフでへビーなエレクトロ・ハウス調のベースと、突き抜けるような煌びやかなトランスシンセの融合という、今までにない新しいサウンドで再構築された今回のリミックス、クールさとエモーショナルさを併せ持つというオリジナルとはまた違った音世界が繰り広げられています。
もちろん、OTSUのBlasterheadらしいトランスサウンドも健在。
特に、2:33から始まるブレイクの部分、一旦静寂な空気に包まれたところから徐々にシンセが浮かび上がってくる鳥肌物の展開はBlasterheadの真骨頂と言えるサウンドとなっています。
アクアプラスとOTSUの形を変えた究極のコラボレーションとも言える『Tears to Tiara ~the essence~』、これは必聴です。
04 祝福のカンパネラ (StripE Trance Remix) / 佐藤ひろ美・NANA
「祝福のカンパネラ」オープニングテーマ曲
ゲーム発売に先立ちメインヒロイン4人のキャラクターソングが発売されたり、アニメ化も決定するなど、大きな話題を呼んでいる美少女ゲーム「祝福のカンパネラ」
このゲームのオープニングテーマ曲で、敏腕音楽制作集団Elements Gardenが制作した『祝福のカンパネラ』を鬼才クリエーターStripE(=kors k)が高揚感溢れるハードトランスにリミックス。
「enigmatic LIA2」に収録された『鳥の詩』のリミックスや、「Ultimate A-Style2」に収録された『SINCLAIR』のリミックスなど、極上のトランスサウンドと、エッジの効いたハードなビートという独自の世界観で高い評価を得てきたStripE。
緻密に計算された疾走感溢れるリズム、グルーブ感満載のエッジの効いたベース、高揚感を煽るシンセのメロディなど、今回のリミックスでもStripEらしさが炸裂しています。
特に、4:26から始まるブレイクの箇所で、静寂の中で響き渡るピアノからドラムロールでガンガンと盛り上げて行き、一挙に爆発させるところなど、StripEの独壇場と呼べる世界が展開されています。
華やかに、そして激しいサウンドへと生まれ変わった『祝福のカンパネラ』のStripE Trance Remix、オリジナルとはまた違った世界、是非お楽しみください。
第二回目のレビューはまた後日公開したいと思います。
少々お待ちください。